placeholder

イタリアVerona公演❣️


10月3日から11日までイタリア・ヴェローナへ行って来ました❣️
7日ヴェローナ最高の劇場(テアトロフラメンカ)での
マッキャベリ室内管弦楽団との協演のためです。
最高に素晴らしい旅でした。
このご縁を作って下さった松田あゆこさんに心から感謝しています。



8日間宿泊したブティックホテル”The Gentleman of Verona”がとっても素敵で
最高に心地よく過ごせました。
毎日ホテルで朝食をするのがとっても楽しみでした。



4日ミラノ空港に到着したらマッキャベリの創設者ディレクターの
Stefanoさんが迎えに来てくれてて....車に乗る前にエスプレッソでも❣️
と空港のカフェで一杯....美味しい❣️
“わぁ〜此処はイタリーだぁ〜”と思わずにはいられませんでした。



ヴェローナに到着したら直ぐに本番使うマリンバで練習しました。

5、6日はみっちりオケとリハーサル。






その間には、ランチ、ディナーと美味しいもの尽くし!

本番!







ドレスリハーサルでかなり良く演奏できたので..
本番がリハのように上手くいかなかったので、ちょっと落ち込みましたが
お客様は喜んでくれてたのでよかった。


マエストロ・セルジオくんは素晴らしいピアニストでもあります。
 11月24日は
 東京フィルとラフマニノフのピアノ協奏曲を協演。
 アンコールは、2人でラベル。これにかなりお客様は感動したらしい。。


コンチェルトは色々と本当に勉強になります。

こういうチャンスがあることだけにも心から感謝しました。

翌日になんと現地の新聞にレビューが?!
私の写真まで掲載されていて感激しました!



コンサートの後は3日間Veronaを満喫しました。
Amaroneワインも堪能!





イタリアは本当に楽しい国ですね!
マッキャベリの皆さんには本当によくして頂き感謝でした。



そういえば...プレビューもあったのです。私なんかがフィーチャーされてて驚きました。
Verona最高の思い出となりました。
有難う❣️

それにしてもチックのコンチェルト又オケと演奏したい!
Love,MIKA
placeholder

チックとスティーヴ!

私は8月29日から日本に来ています。 今は熊本にいますが... 先週はブルーノート東京でチックコリアさんとスティーヴガッドさんの 素晴らしすぎる興奮のライブを聴きました!
完全なるソールドアウトと知ってましたので.. 恐る恐るチックとスティーヴ両方にメールを出して 出来れば貴方達のゲスト(招待)で4セット全て聴かせて欲しいと お願いをしたら2人共”もちろん喜んで君は僕等の大事なゲストだよ!”と 返事が来て心から感謝しながら...厚かましく2日間4セット堪能しました。


私がスティーヴと出会ってから12年間経っていますが.. 一度だけこの2人が一緒に演奏したのを聴いたことがあります。 多分2008年ブルーノートNYでのチックのトリオ.. ベースはアンソニージャクソンでした。
もちろんチックの他のプロジェクトや スティーヴが演奏する他のバンドは 数えれないくらいアテンドしてますが...
なので今回はこの親愛なる2人名義のこの新バンドを聴きたいがために リチャードより早めに日本に来て、且つ歯の治療前に設定しました。
チック&スティーヴ以外のバンドメンバーは、
Lionel Loueke(g)  リオーネル・ルエケ(ギター) Carlitos Del Puerto(b) カリートス・デル・プエルト(ベース) Luisito Quintero(per) ルイシート・キンテーロ(パーカッション) Steve Wilson(sax,fl) スティーヴ・ウィルソン(サックス、フルート)
巨匠二人以外のこのメンバーは、 流石にチックが選んだ秀悦すぎるユニ-ク且つ素敵な音楽家達で… 一人一人が本当に素晴らしかった。
特にこのアフリカン・ギターリストのリオーネルさんの演奏は バンドに新鮮なサウンドとユニークさを与えていました。 …
placeholder

レガッタバー(ボストン)

先週の木曜日8月17日はボストンの老舗ジャズクラブ ”レガッタバー”で新譜CDリリース記念コンサートをしました。
前日にベースのエディ・ゴメス氏がNYからボストン入りして、 デンバーからリチャードの息子ジャズピアニストのピータージョンと、 ドラムのボストン在住ケビン広元さんと共にみっちりと 自宅でリハーサル。
初めて演奏する場所は音響がとっても心配です... 特にレガッタバーは天井が低いし、ジャズクラブなので アコースティックでの音響が良いとは全く期待してませんでした。
しかしマリンバを運んだ時にステージが カーペットではなくてちゃんと板張りだったことに感激... 組み立てて音を出した時にも、何と嘘みたいに残響があり びっくりしました。それだけで、とっても嬉しくなりましたね〜

前日にプレセールが147枚(220キャパシティ)と聞き興奮しました。 これは当日に来る人も沢山いるのでフルハウスは確実だと!


案の定本番直後にスタッフでお手伝い頂いた英俊さんが楽屋に来て ”ずらっと並んでいて、入りきらないぐらい待ってるよ!”と。
WOW!と皆で気合いが入りました。



10分か15分遅れで始まったショーは 最初から一曲一曲何だか妙に盛り上がり(笑 最後の曲を演奏し終わってもお客様は動かず アンコールのFeastが終わったら総立ちとなりました!
(セットリスト) ダイアモンドダンス パバァーヌ (トリオwith エディ) レディフォーエディ シージャーニー ジュビレーション モーストリーブルース ワルツカンタンド ブルーモンク マリカグルーヴ ピアソラ”神秘とフーガ” ロコモーション (アンコール)Feast

日本人のお客様が2割ほど?!もご来場下さり.. …
placeholder

今後のスケジュール

早くも今年の夏が終わりますね...
来年2018再来年2019の予定も少しずつ入って来ています。

今後の大まかなスケジュールを記します。

来月は嬉しい事にリチャードのサントリーホール公演で 再来日します。
今回私の方は10月頭イタリアでコンチェルト本番を控えてますので
日本でもその練習と歯の治療(インプラント3本)に専念することにしました。


『2017後期』

8月17日レガッタバー(ボストン)

8月28日〜31日東京

9月1日〜13日熊本市内(歯の治療)

9月14日〜9月23日東京
*23日リチャードがサントリーホールで本番。

10月3日〜8日イタリアVerona
*7日マッキャベリ室内管弦楽団とチックコリア作曲コンチェルト協演。

10月9日〜15日スイス・ルガーノ
*マスタークラス&リサイタル

10月29日〜11月10日 NYCニューヨーク *10月30日日米婦人会で演奏
*11月7日カーネギーザンケルホール公演


12月レコーディング予定。


『2018年前期』

3月12〜16日フロリダ公演

4月1日ワシントンDCナショナルギャラリー公演

4月6〜7日 デンバー公演

4月12日ケンタッキー公演

4月14日テネシー公演

5月15〜18日アラスカ公演 *Juneau Jazz&Classic Music Festival

6月来日ツアー
*19〜22日関西フィル(大島ミチル新作初演)

7月〜9月レコーディング予定。

10月来日ツアー予定。
10月27日〜11月15日スイス・ジュネーヴ国際コンクール(リチャードが審査員)


来年は6月と10月に来日ツアー予定しています。 …
placeholder

7月歴史に残る出来事。

あっというまに7月が終わった感じがしますが... この一ヶ月間は7月12日に夫リチャードが75歳の誕生日を 迎えたということもあり彼のために頑張った感あり(笑!
歴史に残るスペシャルな出来事が幾つかありました....
先ずUSに帰る前7月5日に東京で開催した リチャードのサプライズお誕生日パーティー。
2ヶ月前からリチャードに内緒で進めていました。 下鴨茶寮銀座店内”のまえ”(幼馴染の小山薫堂氏オーナーのお店) を貸し切りました。期日は超多忙な薫堂氏が参加出来る日で決めました。 これに付きましては下鴨茶寮野口さんの御尽力に感謝です。

先ず最初に..東京在住でリチャードが喜ぶような方々にEmailの御案内を出しました。 最初お店が30人限定でしたので、40人ぐらいに絞って御案内を出したところ... 有難いことに直ぐ30人超える参加表明が来ました。 数人の方々は自分のイベントや先約で来れないということで残念でしたが.. お店の方も最終的には40人まで大丈夫ということになったので、 結局43人もの参加者となりました。
皆さん各界のトップの方ばかりで お忙しい中駆けつけて頂き心から感謝しました。 皆様本当に有難うございました。

(ストーリー) この日リチャードには、娘とマサさんと4人でディナーするということにしていました。 又運良くというか?夕方にサントリーホールのインタビュー撮影が入ったので アスペンの親友荒生マサさんにリチャードのアテンドをお願いし... 私は買い物に行くということにして準備に入りました。

荒生さんにはお客様が揃うまでの間.. (結構揃うまで時間がかかった。) リチャードを連れ回してもらって時間を潰してもらいました。 (何度も早くお店に行こうよ〜と言っていて怪訝な顔をしていたらしい..?) その間は娘がマサさんと連絡を取り合っていた..
やっと7時予定でしたが.. 午後7時半ぐらいに”のまえ”に連れて来てもらい....
暖簾を開けたら?!
バンドネオンの北村さんのバースデーソングと共に大合唱! お店には皆彼が知ってる顔・顔・顔が..... リチャードが物凄く驚いた顔が忘れられません(笑 ❣️ …
placeholder

次の目標!

リチャードの75歳を祝う誕生日🎂会も 熊本、東京、ニューヨーク、ボストンと 楽しく終わり…
今私達はリチャードの仕事でフロリダに来ています!
彼が全米クラリネット協会から招かれて殿堂入りを表彰されるのと、それを記念してオーランドシンフォニーオーケストラとバーンスタインのソナタを 協演するのです。昨日は到着するなり空港でジャズクラリネット奏者エディ・ダニエルズ氏御夫妻と会ってもりあがりました。
大体このブログでは..
先日の来日ツアーで私達が食べた美味しいレストランの事でも 記そうと思ってましたが...
時間が経ったら.. やっぱり私は音楽の次の事で頭がいっぱい...
FBにも美味しい物を食べたりしたことは沢山投稿してるので音楽の事を記したいと思います。
実は、日本からUSへ帰国するや否や.. 新譜CD”デュオカンタンド”をアメリカでリリースしたサボイレコードとプロデューサーのスティーヴンからグラミー賞応募についてメールが来ました! 先ずファーストラウンドに応募するからという知らせです。 グラミーにはNARAS会員じゃないと応募したりノミネートしたりする資格 がありませんので、私達自身では何も出来ないのです。
プロデューサーのスティーヴンは過去に17回もグラミー賞を受賞していて、もちろん会員ですので、自ら私達のアルバムを*Classical Compendium Category, the Classical Producer and *Classical Engineer Categoriesにエントリーして、サボイレコードからは下記カテゴリーがエントリーされました。

*Best Contemporary…

placeholder

6月来日ツアー(銀座ヤマハホール編)

今回の来日ツアー最後は 6月27日東京・銀座ヤマハホールでの 新譜CD"デュオカンタンド"リリース記念リサイタル。
ロケーション抜群で音響も良いホールなのでとっても楽しみにしていました。 前日からヤマハホール内にあるヤマハサロンで念入りなリハーサルも出来て
良かったし....
今回は新譜をリリースした日本コロムビア主催でしたので
色々な細々したことをコロムビアの横田さんがばっちりして下さったので
大変助かりました。
プログラム順なども話し合いながら決めましたので
とってもスッキリした内容になったようです。


当日の進行表。

ベースの西嶋徹さんとは初共演でしたが..
とっても素晴らしい音楽家で私もリチャードもとってもHAPPYで
リハの時からワクワクしていました。
さすが音楽評論家中川ヨウさんのお薦めのベース奏者です。 実はバンドネオンの北村聡さんもヨウさんのお薦めだったんですよ。


休憩後は、バッハ”クロマティックファンタジー&フーガ”を クラリネットソロのファンタジーから始めて... フーガをクラリネット、マリンバ、バンドネオンの トリオで演奏。この日の本番が今回一番の出来栄えでした!

このフーガは..ご来場頂きましたピアニスト仲道郁代さんや 日本コロムビア岡野さん等音楽関係者の方々から コンサート後に絶賛頂きとっても嬉しかったです。

今回リチャードと私は2曲ずつお互いのソロをプログラムに入れました。 私が前半に演奏したジョンゾーンのソロは自分でも中々良く演奏できたと 思いますが、後半のWigwamはインプロが中々決まらず最悪... それに今回は始めて、全ての曲にピッチがクリアになる 超重たいマレットを使ったので.. まだまだ手のコントロールが上手くいってないと反省。 ずっと弾き続けていたら、だんだんと腕が動かなくなる事を本番をとうして発見。 もっともっと練習しなくては...

それから、今回は作曲家大島ミチルさんがこのコンサートの為に ”風笛”をバンドネオン、ベース、マリンバ&クラリネットのカルテットに アレンジして下さり初演しましたが...かなり評判が良かったみたいです。 北村さんのバンドネオンの音色は繊細でユニバーサルなので バロックから現代音楽そしてジャズ、タンゴまで幅広く表現可能。 …
placeholder

6月来日ツアー(宮野森小学校スクールコンサート編)

6月23日は東京から仙台まで新幹線.. その後は車で1時間半ぐらいだったか?! 東北大震災時に津波の被害が一番酷かった 東松島市立宮野森小学校でスクールコンサートを しました。 ここの新校舎を友人である工藤和美さんが建築されたご縁です。 子供達に音楽を届けて欲しいという和美さんの熱望から 実現に至りました。
学校に到着したら.. 流石に素敵な新校舎❣️

まだ木の香りがする音楽室で全校生徒100人ちょっと?!の 明るく元気な子供達を目の前に演奏しました。


曲の合間には楽器の説明とか.. クイズとかも入れながら低学年の子供達も 退屈しないように頑張りました。



私がマリンバの説明をしている時リチャードは子供達の中へ。

しっとりとしたラベル作曲パヴァーヌも静かに聴けました。

最後は子供達が校歌を元気に高らかに歌ってくれました。 加藤登紀子作詞作曲の素敵な新校歌で感動的なフィナーレでしたね〜❣️
素直で純粋な子供達からたっくさんのエナジーもらいました! 有難う❣️

娘マリンも自分の仕事セサミワークショップの下見を兼ねて同行。 リチャードの通訳で大活躍でしたよ。

良い生徒達には素晴らしい先生達がいます。 私も4年間小学校で講師をしたことがあるので良くわかります。


コンサートが終わったら校舎の見学をしました。 体育館なんてこんなに明るく素敵❣️ステージ後ろに森が見える!

一期一会の宮野森小学校....

旧校舎は津波で流されたので新校舎は高台にあり.. 学校の裏手は森になっています。 その森にある展望台から観える景色は新築の家並み... そういう光景を眺めながら...
これから未来に向けて夢いっぱいの希望に溢れる 教育で子供達を育てて欲しいと願いました。 そして..もう二度とあのような大災害が起こらないことも 祈りながら。
最後に... 凄すぎる建築家工藤和美さんにブラボーと叫ばずにはいられませんでしたね〜 …
placeholder

6月来日ツアー(宮城県中新田バッハホール編)

6月23日は宮城県中新田バッハホール主催でのコンサートでした。
このホールは何十年か前”田んぼの中に出来た素晴らしいホール” で有名になったので知っていましたが.. 実際に行ってみると本当にこんな小さな町にこんな立派なホールがあるのかと 思わずにはいられません..

ホールに到着したら直ぐ渋谷館長がお出迎えしてくれました。 渋谷さんとはEmailで沢山やり取りをしていて.. そのご丁寧なキチンとした対応にいつも感心していましたが 実際に会ってみたら、尚更に暖かく真面目な方でした。 そういう想像していたのと実際がどう違うか? こういうのも外国にいる私にとっては面白い出会いの一つでも あります。 (渋谷さんにお土産はLP)
そして....その後直ぐに今度は驚くべき バッハホールのオーナー?!である 加美町の猪俣町長様がご挨拶に楽屋へ!

実は..このバッハホールとのご縁が出来たのは... 東京で今回滞在させていただいた著名な建築家工藤和美さんが 猪俣町長さんに私達が来日することを伝えて下さったお陰で 直ぐにコンサートが決定して企画して下さったのです。
猪俣町長さんは、とっても音楽を愛する方で... 自らギターを演奏されるそうで私達にも自分で作った曲を歌ったりして下さいました。 英語もご堪能でリチャードとも英語でペラペラ話されて驚きました。
何とも素敵な国際的な町長さんで感激❣️

 コンサートもホールの音響がとっても良いので リハも本番も非常に気持ちよく演奏できました。 私達アコースティックで演奏する楽器は会場の音響というのは 非常に重要です。 そういう面では今回バッハホールでの公演は本当に良かったと思いました。 プログラムも若干高崎公演とは変えて.. より大衆向けにしてみました。 その甲斐ありお客様ととっても良いコミュニケートが出来たと ステージの上からも感じることが出来ました。
このコンサートにもバンドネオン奏者北村聡さんにはゲスト参加頂きました。 この時にはバッハ”フーガ”がとっても良い感じになりました。
最後の曲Feastにはマリンバ運搬で同行してもらった平野君にも カホン&パーカッションで参加してもらいました。

終了後のサイン会は又々盛り上がり... 沢山のクラリネット奏者が仙台から来られていましたね。 …
placeholder

6月来日ツアー(高崎シビックギャラリー編)

愛する日本から帰宅して一週間が経ちました。
今回はリチャードとの4公演。

最初のコンサートは群馬県高崎市シビックギャラリーコアホール。
DUOを中心として数曲はバンドネオン奏者北村聡さんをお迎えしました。


前日入りして会場でのリハーサルが出来ましたので
とっても準備万端で本番が出来ました。
(リハーサル写真)

北村さんとは今回バッハ”クロマテックファンタジー&フーガ”の フーガをクラリネット、マリンバ、バンドネオンで演奏。 最初音を出して見たら、なかなかでリチャードと私は顔を見合わせて 思わず微笑みました。 そして、ピアソラ”孤独の歳月”と”神秘とフーガ” ダグラス”Feast"を共演。
*しかし最初の公演だったので沢山の曲を演奏し過ぎて プログラムが若干長すぎたかな?と反省。


お客様も8〜9割は埋まっていてコンサート後のサイン会も長蛇の列でした。
とっても良いスタートが切れてアスペンの荒生さんや高崎シビックギャラリーの 皆様方に心から感謝申し上げます。



placeholder

もう直ぐ日本ツアーです!

あと残すところ10日で日本ツアー行きます!
今はもっぱらその練習をしていますが、 最近は昔みたいに本番前に慌てて猛練習ということが 何故か?無くなりました。
リチャードの影響か... 毎日同じように練習して..普段のとおりに 料理したりジョグしたりして ゆったり過ごせるようになったことが不思議です。
さて今回は6月13日ボストンを発ち成田空港へ向かいます。 アスペンの親友MASAさんが車で迎えに来てくださるということで 大変助かります。
又東京では..尊敬する日本女性のお一人建築家工藤和美さんの ゲストハウスに滞在させて頂けることになり これ又大変有難き幸せで感謝でいっぱいです。
下記が今回の来日スケジュールです。 どうぞ宜しくお願い致します!
6月13日ボストン発 6月14日成田空港到着 6月15日MIKAだけ熊本へ日帰りで歯の治療。 6月16日〜19日 リハなど 6月20日高崎市入り。会場リハ 6月21日高崎市シテイギャラリーコアホール本番 (主催:高崎財団) http://takasaki-foundation.or.jp/syusaijigyou/concert_detail.php?id=46
6月22日山本益博さん御夫妻と究極の天ぷら”みかわ”へ。 6月23日仙台入り。”宮野森小学校でスクールコンサート”
6月24日宮城県中新田バッハホール本番。(主催:バッハホール)
6月25〜26日 リハその他
6月27日東京銀座ヤマハホール (主催:日本コロムビア)
御来場を心からお待ちしています!!!
日本の名手である バンドネオン北村聡さん、 ベース西嶋徹さんと共演できること本当に楽しみ!
それから...あっと驚くスペシャルゲストも登場します。どうぞご期待を! …
placeholder

ドイツでのコンサート!


たった2週間で仕込まれたと思えないほど素敵なコンサートでした! アムステルダムとドイツの国境沿いにあるBorkenという小さな街のヨハネス教会で 演奏させて頂きとっても幸せでした。
コンサート最後はお客様総立ちで喜んで頂きましたよ! 特筆すべきは、ナント! 私のジョンゾーン作曲マリンバソロで凄い歓声が上がったこと。 珍しい(笑!持参したCDも完売。
とにかくアコースティック(音響)がとっても良かったので 最高に気持ちよく演奏できました。
(この写真はリハ模様)


私達のホストだった リチャードの昔からの友人で詩人のハンスさんと奥様ヒルドガードさんが、 どうもこの街の名士みたいな感じがしました。
一番心配していたマリンバも隣町から良い楽器が届きました。 届けてくれたマリンバ奏者の方に感謝。

なんと唯一の日本人のお客様はバイオリニストの上野ナチコさん! もう40年近くドイツ在住だということです。 ハンスさん達が素晴らしいバイオリニストだと誉めていました。

何と翌日には私が御飯を恋しがってると思いきや。。 ナチコさんが美味しいオニギリとタマゴ焼きの差し入れをして下さいました。。。感動

それに加えて翌朝にはご自宅での朝食にも御招待して下さいました! 涙がでるくらい感激しました! 正に素晴らしい一期一会。 感謝です。



ロバが美味しそうに食べてる私達を眺めていました。笑
この後は一泊2日でハンブルグへ行きました。 そしてBorkenに戻ったら驚くべき事に。。 新聞にコンサートの記事が載ってました!


なんだか夢の中にいるような気分でしたね〜(笑
Love,MIKA
ポスターがなかなか素敵でした。街のあちこちに貼られてましたよ〜