MAメカニックホールでのレコーディング!(11月15日−11月18日)

 今年最後のレコーディングは、私と夫リチャードとのデュオ&ソロをSteven Epsteinプロデュースの元、11月15日から18日までの4日間で行いました。

PHOTOs by Michael Lutch 


一言で言うと、

サウンド、音楽性、技術面において、”私の音楽人生で最高の録音”となりました!

Cheers!!! 


こんなに充実感があり自分でも納得がいくレコーディングはCD1枚目(1997年)の録音から10回目となる今回のレコーディングが初めてです。

全てにおいて妥協をしなかったせいだと実感しています。



(成功した症例としては。。)

*プロデューサーを、私達のレコーディング4回目となる、クラッシック界の名匠StevenEpsteinスティーブン・エプステイン氏。(グラミー賞19回受賞、今年もYoYo MAさんのアルバムで56回目のノミネート。)

*レコーディングエンジニアのアシスタントにはスティーブンの弟子のRick Jacobsohn氏。

*世界に一つしかないマリンバの鍵盤(DeMorrow氏秘蔵の世界一美しい音を奏でると思う。)をアーカンソーからレンタル。

*歴史的な録音の名所メカニックホール(録音に最適な残響)で4日間録音。

*本番を経験し練習を重ねたお気に入り作品の数々の曲を録音。

*自宅から1時間の距離の録音場所でしたが、ホールから徒歩2分のホテルにプロデューサー達と一緒に滞在して、体力を消耗せず、食事を一緒にすることで親睦を高め集中力を深めた。

*記録用の写真は録音最終日、ビデオは3日目と両方ともに1日だけに絞り経費節約したが、ボストンを代表するスペシャリストに依頼したので、量より質で良かったと思う。

*マリンバ運搬&組み立て、送り迎え、差し入れの補佐を気心が知れて信頼している親友Eishun Maki真木英俊氏に一括したことで楽屋も静かに気を使わず疲れなかった。




というような上記において、何もかもが心配せずに信頼感があったので....緊張感なくリラックスして演奏できたことが一番、功を成したと信じます!

レコーディングに関しては、この音楽人生25年間の中で、スタジオ、コンサートホールなど10回以上のさまざまな経験から少しは色んな面で賢くなった気もします。笑!

下記はレコーディングした曲の一覧です。来年は、この中からレコード会社が曲を選んで1枚のアルバムとなる予定です。私のソロはLPで残す予定です。

既に3曲ほどファーストドラフトが届いてますが、本当に素晴らしいサウンドです!

CD10枚目にして自信作ができると信じます!ワクワク ドキドキ!



(マリンバ&クラリネットDuo曲)

*E.モリコーネ/布施威編曲『シネマパラダイス』『デボラのテーマ』

*ビル・ダグラス『ビギン ザ スィートワールド』 

*バッハ 『シンフォニアGマイナー』

*ブラームス/布施威編曲 『間奏曲Op118-2』

*ジョン・ゾーン 『ANIMA』世界初録音

*ビートルズ/挟間美帆編曲 『ミッシェル』

*ユーリ・ワイナー 『78』世界初録音


(ソロ曲)

*エリオット・カーター (クラリネットソロ)



*バッハ/Mika Stoltzman編曲 『無伴奏チェロ組曲第3番』(マリンバソロ)

*バッハ/Mika Stoltzman編曲 『シャコンヌ』(マリンバソロ)

*モリコーネ/布施威編曲 『デボラのテーマ』(マリンバソロ版)

*スティング/太田美奈子編曲(再編Mika Stoltzman) 『イングリッシュマン イン NY』(マリンバソロ)


どうぞこのレコーディングには乞うご期待を!!!

応援してくださる皆様方へ大いなる感謝を込めて。

もう今年も終わりますね。良いお年をお迎えください。

Love,MIKA


PHOTOs by Michael Lutch 


Leave a comment

Please or register to post.

Add comment