暑中お見舞い申し上げます。(次のプロジェクト始動!)

暑中お見舞い申し上げます。皆様お元気でお過ごしですか?!


今日から東京オリンピックが始まったみたい?!私は前回の1964年生まれなので、ちょうど57年前?!だぁ〜。

さてこんなまだまだCovid騒動が収まらない中.... 

私が出来る事と言えば自分の音楽性を高めることしかないと思い.... 

昨年はレパートリーを広げ、今年はそれを録音に収めるという事に全力を捧げています。(決して量産じゃなくて”良質”に拘りながら。)

CD(レコード)原盤を自分で作ることは、かなりの経費(レコーディングするのに録音エンジニア&プロデューサー費、場所代、他色々)がかかるのですが....リチャードは22年間乗ってるボロ車の買い替えを諦め、私は大好きなホットバス(お風呂)が壊れたけど買い替えを諦めて....今年は2枚のアルバムの為のレコーディングをすることに決めました。

先ず1枚目の”チックコリア”トリビュートアルバムのジャズ系スタジオレコーディングは6月頭に無事終了して現在はミックスが終了してリリース先を当たってるところです。

さあ!次は8月29−31日でやるクラシカル系レコーディングです!

今回もグラミー受賞19回の名プロデューサーSteven Epsteinエプステイン氏との4回目になりますが、私とリチャードだけによるソロとデュオ録音です。

今回の録音場所は私的には初めてですが、何とYoYo Maさんがいつもエプステイン氏と録音しているクラシカルレコーディングのメッカである素晴らしき音響、メカニックMechanicsホールになりました。YoYoさんがエプステイン氏プロデュースで2年前にリリースされたバッハ・無伴奏チェロ組曲が録音された場所で、私もエプステイン氏プロデュースでチェロ組曲第3番をソロ収録予定です。(そう思うと、とてもパワーが出てきます!笑)

実はこのレコーディングを決める時に、私が夫に「お金もかかるし、もう少し経ってからでも良いのでは?!」と言ったら、リチャードが 「自分は来年80歳だし、いつどうなるか?わからないからエプスタインが可能な時に録音をしたい!」と珍しいことを言いました。

彼は今、過去唯一録音してなかったというエリオット・カーター作曲のクラリネットソロ曲に黙々と取り組んでます。

この私達ソロ2曲以外は過去まだ録音されてない、してないマリンバ&クラリネットのデュオ曲となります。マリンバとクラリネットのデュオ作品の名曲なんて過去に全く無かったと思われますので、私達は後進の為に素晴らしい作品を残して行くことが一つの使命だと思っているのですね。又、私達自身のかけがえのないメモリーとして、自分達の子孫を残すようなことだとも感じてます(笑。

何を録音するかは後日に又お知らせ致します!


先日ふと死ぬことを想像した時に、あぁ〜自分は今ここで死んでも全く悔いはないなぁ〜、と思い、改めて自分は幸せなんだなぁ〜と感じました。

考えてみると、”悩みは音楽だけ”という人生なんですね。

でもそれは過去全てに生かされてるんだと思い、改めて私の人生に関わって下さった方々に感謝して止みませんでした。

この感謝の気持ちは、死ぬまで音楽で恩返ししたいと益々エナジーが沸き上がって来ています。(すいません。。。大袈裟!)


来年2022は、このパンデミック2年間で育んだ私達の音楽の数々を、CDアルバムによって世界中の皆様に聴いて頂けるように、今年も全力を尽くして精進します!

今後とも宜しくお願い致します。

感謝を込めて。

Love,MIKA













Leave a comment

Please or register to post.

Add comment