次の目標!

リチャードの75歳を祝う誕生日🎂会も
熊本、東京、ニューヨーク、ボストンと
楽しく終わり…

今私達はリチャードの仕事でフロリダに来ています!

彼が全米クラリネット協会から招かれて殿堂入りを表彰されるのと、それを記念してオーランドシンフォニーオーケストラとバーンスタインのソナタを
協演するのです。昨日は到着するなり空港でジャズクラリネット奏者エディ・ダニエルズ氏御夫妻と会ってもりあがりました。

大体このブログでは..
先日の来日ツアーで私達が食べた美味しいレストランの事でも
記そうと思ってましたが...

時間が経ったら..
やっぱり私は音楽の次の事で頭がいっぱい...

FBにも美味しい物を食べたりしたことは沢山投稿してるので音楽の事を記したいと思います。

実は、日本からUSへ帰国するや否や..
新譜CD”デュオカンタンド”をアメリカでリリースしたサボイレコードとプロデューサーのスティーヴンからグラミー賞応募についてメールが来ました!
先ずファーストラウンドに応募するからという知らせです。
グラミーにはNARAS会員じゃないと応募したりノミネートしたりする資格
がありませんので、私達自身では何も出来ないのです。

プロデューサーのスティーヴンは過去に17回もグラミー賞を受賞していて、もちろん会員ですので、自ら私達のアルバムを*Classical Compendium Category, the Classical Producer and *Classical Engineer Categoriesにエントリーして、サボイレコードからは下記カテゴリーがエントリーされました。

*Best Contemporary Instrumental Album
*Best Classical Instrumental Solo: Richard Stoltzman "Air"
*Best Classical Instrumental Solo: Mika Stoltzman "The Nymphs"
*Best Contemporary Classical Composition "Concerto #1 Part III" Chick Corea
*Best Contemporary Classical Composition "The Nymphs" John Zorn

この7つから一つでも、ノミネートされるように願わずにいられません!

それにしても、結果はどうであれ..ここまで来れたことに感謝してやみません。

次のCDアルバムの計画を立てながらも...

新譜"デュオカンタンド”の行く末を楽しみにしている私達です。


どうぞ一人でも多くの人に聴いてもらえるように引き続き宜しくお願い致します。

それからグラミー賞ノミネートに引っかかるためには話題作りもしないといけないみたい。笑

そのタイミングに合うように...

最善のマーケティング&PR的な努力も必要らしい。

その為にもCDリリース記念コンサートは欠かせません...

私達は、

8月17日レガッタバー(ボストン)



そして最大の挑戦⁈

11月7日カーネギーザンケルホール(NY)

で全力を尽くします!

どうか皆様方のサポートを宜しくお願い致します!!!

感謝を込めて。

Love,MIKA


Leave a comment

    Please or register to post.

    Add comment