2019 1月

新年明けましておめでとうございます!

年末はジュネーヴ(スイス)イタリア(ヴェローナ、ミラノ)ウィーンなどに
行きましたが、レポートをブログに書かず仕舞いでした。
というのは、熊本日日新聞からの依頼で「私を語る」という1ヶ月間にわたる
コラムを書かないといけなくて、それにかかっていたからなんです。
(言い訳だ。。すいません。笑)

                                                   写真はウィーンでチックと合流!

今年は新年に入って早々…2日からメキシコへ行きサンミゲルで2公演しました。
今回は意を決してバッハ シャコンヌを初めてパブリックで演奏するので
年末も本番前も…かなりフォーカスしていました。

緊張とプレッシャーの余り、本番で決して間違わない最初のコードを外したので
えぇ〜と慌てて止まり...
お客様には『I am so sorry..This is first performance for public...please patience!』
と伝えて弾き直しました。
その後は何とか最後まで演奏しましたが、途中から涙ボロボロ流しながら
必死だったので(笑、お客様も必死に聴いてるのがわかり、そのお客様との一体感は
マジカルでした。そして、演奏が終わると、
何と何と拍手喝采でスタンディングオベーション!
信じられませんでした。



自分の中では沢山反省しつつも、一度、本番乗り越えたので度胸もついて驚くぐらい
リラックスして弾けるようになりました。

やはり一人で練習を重ねるのも必要ですが、その後は観客前に本番をやる事で
かなりの収穫と自信が付くことを実感!

メキシコの後はベイエリア(バークレー)の親友宅で1週間過ごしました。
しかし私は練習が出来ないので悶々としてたのですが...
アーカンソー州にいる私のマリンバ メーカーデモロウ氏のところを訪ねようと思いつき早速連絡したらOKだったので、直ぐに超ド田舎アルカデルフィアへ向かい、デモロウさん秘蔵アーティストモデルで毎日4時間ずつ練習させてもらったりして充実した2日間を過ごすことが出来ました。
この銘器からは、かなりのインスパイア受けました。
行って良かったと心から思えました。
マリンバ製作している工場も見学させてもらいましたし、現地で活躍する打楽器奏者
カエさんとも親しくなりました。





    カエさんには温泉街ホットスプリングに連れて行ってもらいました!   



アーカンソーの後はモントレーに行き、夫のコンサートに同行。
ボロネオ弦楽4重奏とのモーツァルトとフランセを堪能しました。
孫シルビアも来てたので、とっても楽しかった!

帰宅したのは1月21日でしたが、5日間自宅で過ごしたら、今度は単身で日本へ。
どうしても歯の治療、下の歯完成を2月末までにやらないといけなかったので、唯一
何もなかった、この2週間で行くことを決定。


毎日歯医者さんへ通いながらも、毎晩美味しいものをご馳走になり楽しい日々でした。
又定宿アパートメントホテルにマリンバも入れて快適に過ごせました。
やっぱり故郷は良いですね!








プライベートと言えども、
この日本滞在で今年の来日ツアー仕込みも少々しましたし、新しくリリースする2枚の
CDに関してもちょっと動いてみました。

昨年の1月は全く外出せずにバッハ「シャコンヌ」に取り組みましたが、
今年は最初から旅が続いた新年の幕開けでした。

私にとって今年はデビュー25周年でもありますので、益々気合を入れて
音楽に取り組み、少しでも進化、前進するように毎日の研鑽に励みます。

皆さま今年もどうぞ宜しくお願い致します!

感謝を込めて。
LOVE,MIKA

















Leave a comment

    Please or register to post.

    Add comment